狭山産仕立てさやま茶(狭山パーキングエリア内回り/埼玉県狭山市)

Pocket

埼玉県狭山市には「狭山茶」という特産品があります。

全国的な知名度はいまいちかもしれませんが、県内では知られた存在です。

 

狭山パーキングエリア内回りへ

今回の舞台となるのは、埼玉県を東西に貫いている高速道路「県央自動車道」狭山パーキングエリア内回り。

圏央道は結構前から整備されていましたが、この狭山パーキングエリアが設置されたのは、比較的最近なんですよね。

色んな設備があり、綺麗なパーキングエリアでもあります。

新しいパーキングエリアならではの綺麗さともいえるかもしれませんね。

今回はこちらのパーキングエリアに寄り、ちょっと休憩してみることにしました。

 

新井園本店のさやま茶を購入

ふと休憩がてらに寄った狭山パーキングエリア。

トイレを済ませたあと、施設内にはどんなものがあるのかな~と物色してみました。

すると、狭山パーキングエリアらしい商品がおいてあるじゃないですか!

新井園本店のさやま茶!!

狭山茶産地仕立てという文字も踊っています。

そうです、狭山と言えば狭山茶が特産品となっているんですよね~♪

お茶というと静岡が有名ですが、埼玉も中々のお茶所なんですよ。



飲もう!

ということで!

早速飲んでみることにしましたよ~♪

休憩がてらですからね、ちょっと一服!!

そんな感じです(笑)

のど越しもよく、クセのないお茶。

これが狭山茶。

上品な香りと、飲みやすさが自慢といったところでしょうか。

ホントにね、クセがなくって飲みやすいです。

あっという間に飲んでしまえるくらい。

 

狭山茶と言っているが実は入間市が主産地!

狭山茶というネーミングから、埼玉県の狭山市の特産品と考えてしまいがちですが!!

それも間違ってはいないんですけどね。

実は主産地となっているのは、狭山市ではなく入間市であるとのこと。

この背景には、ちょっとしたカラクリがありまして。

元々狭山茶は「狭山丘陵」で生産されているお茶全般をさしているんだそうで。

その狭山丘陵に位置しているのが入間市なんですね。

なんだか紛らわしい感じのネーミングとなっていますが、そんな背景もあるのです。

歴史は古く、室町時代のころからあるようですね~。

江戸時代には各地に出荷されていたんだとか。



価格は151円(税別)!!

このさやま茶の価格は151円(税別)で販売されていました。

他のペットボトル飲料と大体同じくらいの販売価格となっていますね。

特産品だからと言って高いなんてことはないようです。

これはこれでうれしいポイントだと思います。

時々ありますからね、観光地価格と言いますが、特産品価格と言いますか・・・そんな商品が(笑)

どこまで行ってもお茶なので、高いと売れないという側面もあるのかもしれませんが!

 

販売店舗情報

施設名:狭山パーキングエリア(PA)内回り(圏央道)

所在地:埼玉県狭山市笹井

営業時間:7:00~21:00

駐車場:有 無料

圏央道のドライブの休憩に、狭山パーキングエリアいかがでしょうか?




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です