登録銘菓「つるがしま最中」(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市)

つるがしま最中 和菓子

埼玉県では様々な和菓子が製造販売されています。

今回はその中の一つ「つるがしま最中」のお話!!

 

根岸屋

今回の舞台となるのは、和菓子屋「根岸屋」!

埼玉県鶴ヶ島市にあるお店で、地名から登録銘菓「つるがしま最中」という最中を製造販売しているお店です。

店内では様々な最中が販売されており、贈答用から個人用まで様々なパッケージ商品が販売されています。

贈答用は十個入りなど多く入っているパックになっており、個人用では1個から個別販売されているのが特徴。

基本は贈答用になる和菓子屋さんと言ったところでしょうかね。

 

小豆餡の最中を購入

今回は贈答用・・・というわけではなく、個人用、すなわち自分で食べるように購入してみました(笑)

とりあえず、基本形から食べてみようと思い、小豆餡の最中を選択。

登録銘菓つるがしま最中の文字が印象的です。

最中には色んな餡のタイプが存在しており、それによって種類や値段が変わっている感じになっていました。

今回の小豆餡は基本タイプとなり、最中の中でも安い部類に入るものですね。

こちらを頂いて行こうと思います。



実食!

それでは、実食に参りましょう。

包装を開けてみます。

包装を開けると「つるがしま」の文字と鶴の絵が目に飛び込んできます。

最中はこうした表面に書かれた絵もまた楽しめるポイントです。

中身は小豆餡。

大きな小豆が入っていますね~。

これと最中の皮との相性がまた抜群で、とても美味しい上品な甘さの最中となっています。

サクっとした表面の皮。

甘すぎない小豆餡。

とてもおいしい完成度となっており、上品な仕上がりとなっていましたよ~。

これは美味しいですね。

 

価格

根岸屋の小豆餡の銘菓つるがしま最中。

そのお値段は、1個160円(税込)となっていました!!

160円で本格的な最中が頂けるのは、うれしいポイントですね~。

こうした価格設定も購入動機に直結するもの。

高すぎても購入動機も冷めてしまいますからね。

このくらいの価格設定がちょうど良さそうな気もします。

 

無料駐車場完備!

こちらの根岸屋さんでは、店舗前に無料駐車場が設置されています。

駅から近いとは言い難い立地なので、これは助かりますね。

行きたいけど駐車場がない・・・なんてことになっても残念なので。

店内は和菓子屋さんらしい内装となっており、お店の雰囲気もよても良かったです。

 

他の味も

つるがしま最中は、いろんな味が出ていましてね。

他のものも書いていますので、よかったらご覧くださいm(_ _)m

登録銘菓「つるがしま最中」餅入り(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市)

登録銘菓「つるがしま最中」純生クリーム(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市)

また機会があれば、違う味も食べてみたいですね。

 

店舗情報

店舗名:根岸屋

所在地:埼玉県鶴ヶ島市大字脚折1528

営業時間:8:30~18:00

定休日:木曜日

駐車場:有 無料




コメント