【埼玉の都市伝説】西武と東武は仲が悪い!?説

埼玉県
Pocket

埼玉県には県民がまことしやかにささやいている都市伝説というものも存在しています。

そんな都市伝説のお話を一つ。

 

埼玉県の2大私鉄「西武」と「東武」

埼玉県内では様々な鉄道が運行していますが、その中でも2大私鉄と呼ばれる鉄道会社があります。

一つが「西武鉄道」、もう一つが「東武鉄道」であります。

いずれも東京~埼玉間を運航している鉄道路線を持ち、その路線沿線に多数の利用客を抱えており、利用客数もかなりのものとなっている鉄道会社。

それぞれ複数の路線を運用しており、地域によって西武か東武か変わってくるところです。

これ以外にもJRもありますが・・・・今回はJRのお話は一旦置いておきます。

 

共に複数路線を持つ鉄道が本業の会社

西武鉄道東武鉄道、名前からもわかるようにこの両社は鉄道事業を本業とする会社です。

それぞれ埼玉県内に複数の路線を持つ私鉄となっており、埼玉県民を利用客としてるという共通点も。

西武の路線としては

・西武新宿線

・西武池袋線

・西武秩父線

などがよく知られる路線。

一方の東武の路線と手は

・東武東上線

・東武伊勢崎線

・東武アーバンパークライン

などが知られています。

大まかにですが、西武は県西を、東武は県東を走っているイメージですね。



都市伝説「西武と東武は仲が悪い」

この西武と東武。

埼玉県民の中でささやかれている都市伝説がありまして、それが「西武と東武は仲が悪い」というもの。

同業者というのはこうした噂がささやかれがちでありますが、西武と東武についてもこうしたことが語られておりましてね。

真偽のほどは不明でありますが、県民の間では都市伝説として語られていることもあります。

私が小さいころからこうした都市伝説があり、それにはいくつかの理由、そして現実問題がありました。

 

都市伝説が語られる理由① ライバル企業である

都市伝説を語られるには理由があります。

その第一となるのが「ライバル企業である」ということ。

共通点を見てみると

・鉄道が本業である

・埼玉県民や東京都民といった利用客

・駅によっては客の奪い合いになっている

・不動産開発をしている

・沿線にレジャー施設を持っている

・沿線開発を行っている

・観光業を行っている(ホテルなど)

本業が同業ということもあり、沿線開発など様々な場面でライバル関係が成り立っています。

集客をするためにレジャー施設の開発(西武は西武園や西武ドーム、東武は東武動物公園や東武ワールドスクウェアなど)を手掛けています。

その一つ一つが強烈なライバル関係になっているのは、誰が見ても明らか。

これがまず最初の理由です。



都市伝説が語られる理由② 川越市の駅の立地

都市伝説が語られている理由の2点目として、県下有数の観光地である「川越市」における駅の立地が挙がられます。

観光地として全国的に有名な市町村である川越市には、西武も東武も駅を有しています。

西武の駅は「本川越」として営業しており、東武の駅は「川越」と「川越市」があります。

しかし、この両者の鉄道駅、極めて乗り換えが不便なのです。

駅同士がかなり離れており、それぞれの駅に行くには徒歩で10分弱歩かなくてはならないんですよね。

何でこんなに乗り換えが不便なのか・・・。

そんなことを言われることもあり、これが都市伝説として語られる一因にもなっています。

尚、川越市にはもう1つJRも乗り入れているのですが、こちらのJRは東武線の川越駅で乗り換えがスムーズに行えます。

なぜ東武とJRは同じ駅舎で、西武は違うのか・・・。

その答えの一つが、仲が悪い説へと繋がっています。

 

都市伝説が語られる理由③ 池袋駅のホームの立地

続いてもう一つ本業である鉄道の話。

西武線、東武線共に池袋を終点としている路線があります。

池袋といえば埼玉県ではなくお隣東京都のターミナル駅としても知られているメガステーション。

JRと西武、東武に加え東京メトロが乗り入れており、乗降客数もトップクラスといわれています。

そしてこの駅の構内図を見てみると、西武と東武は両サイドに配されていて一番遠いホーム同士として設置されているのです。

間にJRをはさんで・・・。

そして西武は東口に、東武は西口にデパートを有しているなど、正反対の場所でバッチバチのデパート戦争も繰り広げております(笑)

こうした池袋での構図も、不仲説を連想させるものであるとして県民の中には仲が悪いと解釈する人がいるようです。

仲が悪いからホームさえ隣接させない・・・という(笑)

これはちょっと飛躍しすぎかなと思うところで、実際問題として西武⇔東武間で乗り換える乗客よりも、西武⇔JR間、東武⇔JR間で乗り換える乗客が多いことからこうした対処になっているとも考えられますからね。

 

実際のところはわからない

今回の件はあくまで県民の間でささやかれている都市伝説。

実際西武と東武の仲がどうなのかは、また別のお話です。

本当のところは、実際に会社に入っている社員さんたちじゃないとわからないところでしょう。

しかしながら、多かれ少なかれライバル関係にある会社なので「意識する」ということはあるでしょうね。

これは鉄道会社に限った話ではなく、どの業界でも同じ。

こうした都市伝説は、各地にありそうな気もしますね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました